わたしのガジェットたち

人同様、モノとの付き合いもまた楽しい。筆者のこだわりの品々を紹介します。


第一回 <携帯電話:京セラTK40>(2005.5.17)

筆者は4、5年くらい前からツーカーの携帯電話を利用しているのだが、これは三代(台)目にあたる。

と書くと、「何故、一番マイナーなツーカーなんて使っているの?」という質問を皆さんからいただきそうだが、これはプリペイドカードが使えるからという理由が一番大きい。

現在では他社でもプリペイド制の携帯電話を発売するようになったが、6年ほど前に「プリティサービス」を始めたツーカーは、その先駆け的な存在だったのだ。

筆者はふだん、ほとんど携帯電話の送受信をしない。

緊急連絡くらいでしか使わないので、一ヶ月にかけるのは、せいぜい10分〜20分程度である。

時間のかかる用件は、たいてい自宅の固定電話で済ませる。そちらの方が割安なのはいうまでもない。

そんな筆者には、通常の携帯の、月々の固定使用料はひどく高く感じられる。

それがかからず、通話料のみ、ひと月あたり1500円で使えるプリペイド携帯は、非常にありがたい存在である。

で、筆者が携帯を持つのは、通話より、むしろメールが主要目的というべきか。

受信料が無料という、お手軽な「スカイメール」も使えるが、これだと発信できる文字数が64文字と制限があり不便なので、「プリdeEZ」というサービスを利用して、Eメールを送受信するようにしている。

これの固定使用料も、月々200円とリーズナブルである。

もちろん、自宅で別のメールアドレスを使ってEメールを送受信したりもしているが、外出中や、緊急時の連絡などにはこの携帯メールが非常に便利である。

長文を書くときには自宅のPCで、短文で用件のみ伝えるときには携帯で、というふうに使い分けをしているのである。

今使っているTK40のいいところは、まず超軽量であること。やはり、携帯電話は小さく軽いにこしたことはない。

あと、「予測変換」という機能が充実していて、これまでに作成した文章の内容に基づいて、よく打つ単語や表現を、最初の数文字を打つだけで変換候補として上げてくるのである。

これはかなり重宝する。文章を打てば打つほど、本人の文章のクセ、使う単語の傾向がはっきりと浮かびあがってくるのも、面白い。

家ではPCで能率よく文章作成&WEB閲覧。

外では携帯で常にアンテナを伸ばし、メールを即時ゲット。

これが筆者流。

皆さんは、どのようにしていますか?


HOME