私の推薦盤


国内外ジャンルを問わず、BLUES SPIRITにあふれた名盤を紹介します。

●アルバート・キング「BORN UNDER A BAD SIGN」(Atlantic)

ブルースとよばれるジャンルのレコードやCD、これまでいったい何点がリリースされてきたことだろう。

そのすべてを購入し、聴くことなど、当然不可能である。

いやいや、たったひとりのアーティストに絞ってみたところで、その全てを収集することさえ、容易ではない。

まさに、亡羊の嘆き、である。

さて、このHPではこれまで、いわゆる「三大キング」については、まったく触れずにきていた。

理由はごくシンプルである。

いずれもあまりにビッグな存在であり、発表されている音源が多すぎて、重要作だけでもハンパな数ではない。

いってみれば、各人をテーマにしただけでひとつの研究書、ひとつのHPが出来てしまうくらいである。

どれか一作を適当にピックアップして、気軽に紹介できるような対象ではない、そういうことである。

しかし、だからといって彼らにまったく触れずしてブルースを語るわけにはいかない。

そこでまずは、個人的には三人中一番気に入っているアルバートを取り上げてみたい。

彼のアルバムも、編集ものを含めれば40枚をゆうに越えている。

だが、その中から誰もが納得行くベストな1枚をとなると、結局この「BORN UNDER A BAD SIGN」ではないだろうか。

1966〜67年の録音。彼の出世作ともいうべきタイトルチューンをトップに、11曲が収められているオリジナル・アルバム。

バックをつとめるのは、No.1インスト・グループ、ブッカ―・T&MG'S。ホーンはこれまた一流の、メンフィス・ホーン。

だから、出来の悪いわけがない。

MG'Sのツボを押さえたシンプルなアレンジをバックに、アルバートのシブーい歌と、トレードマークの泣きのギターが全開である。

彼のギター・ワークは金太郎飴、といってしまえばそれまでなのだが、ハマると実にくせになるヤクのような魅力がある。

一聴して彼の音とすぐわかる、ナチュラル・ディストーション。クォーター・トーン使いまくりのベンディング・プレイ。

もう、たまりません。

タイトル曲、邦題「悪い星の下に生まれて」や「CROSSCUT SAW」のサウンドは一世を風靡、クリームも「ストレンジ・ブルー」などでまんまパクったのは、有名な話である。

そのほか「OH,PRETTY WOMAN」「AS THE YEARS GO PASSING BY」、いずれもベリーグッドな出来ばえ。ファンキーなブルースが炸裂!である。

リーバー=ストーラー・コンビの名曲「KANSAS CITY」、ZEPが「HOW MANY MORE TIMES」でパクった「THE HUNTER」のオリジナルも収められていて、これまた聴きもの。

ラストになぜか、レイ・ノーブル作のスタンダード「THE VERY THOUGHT OF YOU」まで歌っていて、アレレという感じはあるが、これはシャレということで、笑って見逃していただきたい。

この一作でアルバートは、ソウル時代のブルースの、文字通り「王座」についた。

彼が他界してはや8年以上が過ぎたが、いまだに彼をリスペクトするミュージシャンは数多い。

まだまだ、このアルバムが忘れ去られる心配はなさそうだ。なんとも、「強運」の一枚ではある。

●ルースターズ「FOUR PIECES」(日本コロムビア)

近年、70年代の末に結成、88年まで活動していた九州出身のロックバンド、ルースターズの再評価の気運が高まっている。

なんといっても、ミッシエル・ガン・エレファントの発言が大きかったと思うが、ミッシエルやケムリらをはじめとした活躍中のバンドがトリビュート・アルバムを出したことも手伝って、ガレージ系のロック愛好者を中心に旧譜もコンスタントに売れている(らしい)。

で、この「FOUR PIECES」なのだが、これは彼らのスタジオ録音としてはラスト・アルバムにあたる作品だ。

グループのカリスマ的存在であったボーカルの大江慎也が諸々の事情により脱退、花田裕之がフロントマンとなって活動していた後期ルースターズの、最後の一閃とも言える作品群で、あらためて聴いてみると、これが意外にいいのである。

12年も前の音なのに、まるで古さを感じさせない。

このアルバムからリズム・セクションが交代し、ベースが元ロッカーズの穴井仁吉、ドラムスが元ローザ・ルクセンブルグの三原重夫になったこともあって、サウンドの安定感が増している。

特徴的なのは、花田作曲のナンバーが3曲に対して、下山作曲のそれは6曲と、明らかに以前より下山主導型になっているということだ。

下山淳はグループに途中から参加したギタリストだったが、次第に頭角をあらわし、このアルバムでは曲のみならず、「EVERYBODY'S SIN」「曼陀羅」「予言者」でリード・ボーカルをとっている。花田のワイルドでぶっきらぼうな感じの歌とはまた違った、ややハスキーで高めのボーカルを聴くことができる。

サウンドの方も、サイケデリックなもの、フォーキーなもの、トッド・ラングレン風のものなど、従来のラフさを売りにしてきたルースターズとは違う、緻密な構成美が感じられる。これも、下山がイニシアティブを取るようになったことの賜物だろう。

せっかく再スタートをきった新生ルースターズであったが、残念ながらこれを発表してまもなく、解散することになる。

やはり、花田と下山の音楽的指向の違いが大きすぎたのだろうか。

解散後もそれぞれソロやグループ活動、あるいはプロデューサーの仕事を続けているふたりであるが、このアルバムは、まさに彼らの「岐路」にあたるものと言えるだろう。

下山は今年2000年にフラワーカンパニーズの「怒りのBONGO 」という傑作を全面プロデュースしたが、「プロデューサー下山淳」としての、最初の成果がこの「FOUR PIECES」だと思う。一聴をお薦めしたい。

88年当時のルースターズ。左から三原重夫(ds)、花田裕之(vo,g)、穴井仁吉(b)、下山淳(vo,g)。

●フラワーカンパニーズ「怒りのBONGO」(アンティノス)

フラカンといえば、95年のメジャーデビュー以来、ネオGSみたいな扱いをされていたので、私もてっきり「へなちょこバンド」「なんちゃってバンド」のひとつかと思っていた。

しかし、今年の5月4日に日比谷野音でやったイベント「MUSIC DAY 2000」にシークレット・ゲストで出てきたフラカンをたまたま聴いて、ブッとんだ。

とにかく、他の若手出演バンドとは音の集約力がまるきり違うというか、メンバー4人の音がピタッとすきまなく重なっていて、もの凄く「耳にクる」音なんである。(この際、音の大きさは殆ど関係ない。)

幾何学的にたとえていうなら、角度の違う4本の直線が、完全にただひとつの点だけで交差している、そういう感じである。ふつう、どんな上手いバンドでも、一点だけで交わる、という状態はまれである。たいてい二点、三点で交差するようなばらけた状態になるのに、その日の野音のフラカンは、まさに単点交差の状態であった。

乗合いのイベントゆえ、たった4曲だけのライブであったが、全身全霊での演奏、もうそれだけで燃え尽きたという感じがあった。ステージを終わってインタビューを受けていたメンバー達はヴォーカルの圭介を始め、みな、表情が空ろだった。

実際、その前後の「怒りのBONGO」ツアーのレヴューをいろいろなHPで見たが、結構ステージには出来不出来があったようで、いってみれば、私はフラカンにとって空前絶後の瞬間を目撃したのかも知れない。

しこうして、このアルバム「怒りのBONGO」、通称イカボンである。

このアルバムは、その狂気に紙一重のステージほどではないにせよ、もの凄い質・量のパワーがこめられている。特に素晴らしいのは圭介のマウスハープの音色で、ブルース畑のひと以外でここまでこの楽器を極めた日本人ミュージシャンはいない、とまで言えるだろう。

また、竹安堅一のギターも進境著しい。すぐれたロック・ギタリストの条件として「ピッキングのノイズまでもがイカしている」というのがあげられると思うが、MK「JUMP」あたりの音は、その域にまで達している。間といい、抑制といい、ニュアンスに富んでいて、文字通りシビレる。若手アマチュアミュージシャンは、どうしてヴィジュアル系ギタリストなんかを真似て、彼のようなギタリストをフォローせんのかねー。残念だ。

現在のフラカンのセールス状況にはかなり不満があるが(アルバムでせいぜい1、2万枚だろう)、まあいい。いいものが売れるとは限らんのがこの業界の常だが、本物のわかる人にはいずれわかる。それまで解散せんで、活動し続けて欲しいと切に思う私である。

●tRICK bAG「LAST EXIT」(ZAIN)

フラカンが30代バンドの代表格なら、こちらは40代バンドというべきか。もちろん30代以下のメンバーもいるが、なにしろ中心メンバーが1970年代前半から第一線で活躍している、永井"ホトケ"隆と森園"カオス・モリ"勝敏の二人である。立派なオッサン・バンドである。

基本的にはBLUESとR&Bを演奏するバンドなのだが、勿論、彼らのイディオムはそれだけにとどまらない。ジャズ的なアプローチあり、ハード・ロック的なアプローチあり、さらにはカントリーやヒップホップまで取込んで、オール・アメリカン・ミュージックをカバーしている。

「一芸」勝負の若手バンドには絶対真似の出来ない、引出しの多さがこのバンドの強み。なんたって、コテコテのブルースもやりゃ、ドアーズ、アニマルズもこなし、ディープなソウル・バラードもおまかせ。聞き物はやっぱり、森園の超絶技巧ギター。本場アメリカへ持っていったって即通用する、数少ないジャパニーズ・ギタリストだと思う。「四人囃子」のイメージだけ抱いて聴くと、ビックリするくらいオーソドックスなプレイもできるひとなのだ。

こんなアルバムがB'ZやZARDを擁するレコード会社からリリースされているというのも不思議な気がするが、セールスは社内ではビリなんだろうな、やっぱり(タメ息)。

でもいいものはいい、ということでお薦めします。一度騙されたと思って聴いてみてください。

●ハウリン・ウルフ「THE REAL FOLK BLUES」(MCA/Chess)

ハウリン・ウルフ、本名チェスター・バーネットは1910年生まれ、マディ・ウォーターズ、サニー・ボーイ・ウィリアムスンらと並んで、60年代シカゴ・ブルース・ブームの立役者となったシンガーである。ギター、ハープもやるが、やはり彼の本領は圧倒的な迫力の、そのダミ声にあるだろう。

広沢虎造かハウリン・ウルフかという、一度聴いたら一生耳に残りそうなその声で、彼は1976年に亡くなるまで数多くの曲を精力的にレコーディングした。

でも、声ばかりでなく、彼のヴォーカル・テクニックも実は相当なもの、ということが分かるのが、このアルバム。フォーク・ブルースなんて言っても、全然枯れてなくて、もうコテコテのシカゴ・ブルース12曲がつまっているのだが、不思議と一枚通しで聴いてもトゥー・マッチな感じがしない。やはり、歌がウマいのだ。

曲の配列が絶妙ということもある。まずは、レッド・ツェッぺリンの「ザ・レモン・ソング」(2ndアルバム所収)の原曲、「キリング・フロア」でオープニング。エリック・クラプトンが在籍していた「クリーム」のレパートリーでもある「シッティン・オン・ザ・トップ・オブ・ザ・ワールド」をはじめとして、アップテンポ、ミディアム、スローと曲配分もほどよく、結構ポップで聴きやすい。ブギウギのリズムが心地よい「ネイチャー」、シャッフル調の「プアー・ボーイ」などはお薦め。基本的に彼の歌は陽性なのだ。

アルバム・ジャケットは、もろ50代のオッサンなんで若い女性リスナーは引いちゃうだろうが、ジャケを伏せて聴かせたらけっこうウケるかも。

ブルースというと重苦しいとか、暗いとかいう先入観を持っているひとも多いと思うが(実際それらもブルースのもつ性格の一部ではあるのだが)、意外に陽気でノリノリなブルースもあるんだよ、とこの一枚は教えてくれます。

●サニー・ボーイ・ウィリアムスンII「THE REAL FOLK BLUES」(MCA/Chess)

上のアルバムと全く同じタイトルだが、いずれもチェス・レコードが当時企画したシリーズ。ちなみにマディ・ウォーターズにも同題のアルバムがある。

サニー・ボーイ・ウィリアムスンII、本名アレック・ライス・ミラーという。シンガー兼ハーピスト。一世・二世がいるとはいえ、まったく赤の他人なのでご注意を。1908年か9年の生まれで、1965年に亡くなっている。マディやハウリンに比べると、ヴォーカル・スタイルがいささか地味なので、チェス御三家のひとりとはいえ、ひろみ・秀樹に対する五郎のような存在なんである。

日本で彼の名前が知られているとしたら、ヤードバーズやアニマルズとの共演盤においてかも知れない。まだ正式レコード・デビュー前の初々しいヤードバーズ(リードギターはもちろんエリック・クラプトン)が老練というか老獪な彼のヴォーカルにいっしょけんめいバックをつけているので、興味のある方はそちらも聴いてみて欲しい。

ヴォーカルも渋い低音で味があるが、サニー・ボーイの面目はやはり、そのハープにあると思う。ことさらにアンプリファイせずナチュラルな音質なのだが、これくらいハープで「やるせなさ」を表現しきれるアーティストは、ブルース界広しといえど、ほんの数名ではないだろうか。

まずは、レッド・ツェッぺリンもアレンジして取り上げた「ブリング・イット・オン・ホーム」(これも2ndアルバム所収)を取っかかりに、聴きこんでいってもらいたい。ほんと、スルメのように聴けば聴くほど、その味わいが分かってくるはずである。

●マディ・ウォーターズ「THE LONDON MUDDY WATERS SESSIONS」(MCA/Chess)

ウルフ、サニー・ボーイとくりゃ、やっぱりこの人を外すわけにはいかない。大御所マディ・ウォーターズにご登場願おう。

1960年代、特にその後半、シカゴ・ブルースは白人のブルース・ロック・バンド(ジョン・メイオール&ブルーズブレイカーズ、フリートウッド・マック、ヤードバーズなど) の後押しもあって大ブームを迎える。その中でもことに白人ロック寄りの活動を精力的に行ったのが、前述のチェスの三大スターだったわけである。

1971年発表のこのアルバムも、タイトルに示されているように、マディが自分のバンドを引き連れて訪英、現地の若手ロック・ミュージシャンらとジャム・セッションを行って作りあげたもの。ハウリン・ウルフにも同様の企画アルバムがある。

英国側のメンバーがなかなかスゴい顔ぶれだ。ギターに今はなきロリー・ギャラガー、キーボードにスティーヴィー・ウィンウッド、ベースに元ブラインド・フェイスのリック・グレッチ、ドラムスに元ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスのミッチ・ミッチェルとテクニシャンぞろい。

収録曲はマディの盟友ウィリー・ディクスンの楽曲(「アイム・レディ」「ヤング・ファッションド・ウェイズ」など)を中心に、自作曲、ビッグ・ビル・ブルーンジーの曲など、オーソドックスなブルースで構成。ロックっぽさを期待して聞くといささかズッコケるが、若き日のロリー・ギャラガーの溌剌としたプレイは聴きもの。マディ・バンドのギタリスト、サミー・ローホーンとの個性の違いを聴きくらべるのも面白い。

類似の企画にマイケル・ブルームフィールド、ポール・バターフィールド、バディ・マイルズらとのセッション「FATHERS AND SONS」(1969年)もあるので、そちらもぜひチェックしてみて欲しい。

HOME