ロックアルバムで聴くブルース


ふだん何気なく聴いているロックのアルバムにも、意外と多くのブルースの名曲が収録されている。貴方のライブラリーを再発掘してみよう。

●CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL 「COSMO'S FACTORY」(Fantasy)

最近はCFのイメージソングにもよく使われて人気復活している、C.C.R.1970年の大ヒットアルバム。当時のクリーデンスの人気はすさまじく、出す曲、出す曲すべてが両面ヒットしていた。「ビートルズに対するアメリカの回答」とよばれた彼らならではの快挙であった。

当然、このアルバムにも、大ヒット「トラベリン・バンド/フール・ストップ・ザ・レイン」「アップ・アラウンド・ザ・ベンド/ジャングル越えて」「ルッキン・アウト・マイ・バック・ドア/光ある限り」と、シングル・ヒットが6曲も収録されている。これで売れないわけがない。

これらはすべて、グループのリーダーにしてリード・ボーカル、リード・ギターをつとめるジョン・フォガティの作品である。しかし、それだけではない。一方では、なかなか渋〜いブルース/R&B/ロックンロールのカバー曲も収録されているのだ。

まずは、「ビフォア・ユー・アキューズ・ミー」はエラス・マクダニエルの作品。といっても誰のことだかさっぱりわからないだろうが、ジャングル・ビートと角型ギターでおなじみのボ・ディドリーと言えばピンとくるだろう。オーソドックスなミディアム・テンポの痴話喧嘩ソング。イナタくも、イカしたジョンのギターソロが聴ける。

「ウービー・ドゥービー」は、かのトラベリング・ウィルベリーズのひとり、今は亡きロイ・オービソン(♪プリティ・ウーマン♪ね)の大ヒット。

「マイ・ベイビー・レフト・ミー」はエルヴィス・プレスリーも1956年にカバーして有名になった、ロックンロールの先達のひとり、アーサー・"ビッグ・ボーイ"・クルーダップの作品。同じエルヴィスの「ザッツ・オールライト・ママ」を思わせる、ノリのいいアップテンポのロカビリー・ナンバー。

とどめは、R&Bの超名曲、マーヴィン・ゲイが大ヒットさせた「悲しいうわさ」(原題「I Heard It Through the Grapevine」)。そう、現在わが国で大活躍中のロック・バンド「グレイプバイン」の命名の由来ともなった曲である。11分以上におよぶ大曲で、ジョンのギタリストとしての実力が遺憾無く発揮されたブルーズィーなソロが聞き物だ。使用ギターはたぶん、グレッチ。

とにかく、手抜きなし、名演11曲がぎっしりつまった名盤中の名盤。ブルース、R&B、C&W系のギタリストを志すひとは必聴だろう。個人的にも筆者が一番最初に買ったロック・アルバム。30年来、何度聴き直しても中身の濃さに驚嘆せざるをえない。

●LED ZEPPELIN「LED ZEPPELIN」(Atlantic)

ヒンデンブルグ号炎上写真のジャケットといえば、だれでも知ってるZEPのデビューアルバム。

このアルバムから、ハード・ロックが誕生した!といっても言い過ぎではない、名盤中の名盤だが、ここには実にコテコテのシカゴ系ブルースが3曲も収録されている。「ユー・シュック・ミー」「君から離れられない」「ハウ・メニー・モア・タイムズ」がそれ。最後の一曲は一応オリジナルということになっているが、後に上げる理由により、既存ブルース曲を換骨奪胎したものといえそうである。

「ユー・シュック・ミー」「君から離れられない」は、シカゴ・ブルース界のゴッドファーザー的存在であった作曲家・ベーシスト・プロデューサー、ウィリー・ディクスンのペンによるもので、それぞれ、マディ・ウォーターズ、オーティス・ラッシュというシンガー/ギタリストによってヒットした名曲である。

ともに、頭がクラクラするような、異様に熱っぽい歌唱・演奏が印象的。ZEPのロバート・プラントも、自慢の超高音ヴォーカルで彼らにひけをとらぬ熱演を聴かせている。

残る「ハウ・メニー・モア・タイムズ」は、ZEPのオリジナルとはいえ、その執拗に繰り返されるリフは、ハウリン・ウルフの「スモーク・スタック・ライトニン」にみょうに似ているし、中間部でアルバート・キングの「ロージー」そして「ザ・ハンター」の一節が挿入されていることから見ても、既存曲の巧妙なアレンジと言えそうだ。こういう複雑な曲構成は、ZEPのお得意技である。ライブでは、「ロージー」の代わりに、ナッシュビル・ティーンズのヒット曲「タバコ・ロード」を挿入して演奏したこともある。

なお、「ユー・シュック・ミー」は第一期ジェフ・ベック・グループ(ロッド・スチュアートvo、ロン・ウッドb、ミック・ウォーラーds)もレパートリーにしており、実はベックが先にやっていたのをペイジがちゃっかりとパクったという、いかにもペイジらしいエピソードがある。自分たちよりペイジの新グループのアルバムのほうが売れ行き良好なのを見て、ベックは内心穏やかでなかったらしい。

いずれにせよ、ヤードバーズ時代の黒人ブルースの模倣から脱して、白人にしか出来ないサウンドを創り出したことでZEPはエポック・メイキングな存在となったのだが、このアルバムは彼らのルーツを知るうえで貴重な資料でもあるといえよう。

● LED ZEPPELIN「LED ZEPPELIN II」(Atlantic)

ファースト・アルバムを紹介した以上、セカンドにも是非言及しておきたい。

1969年の末、ファーストから1年おかずに早ばやとリリースされたこのアルバムはアメリカ、本国イギリスのみならず日本でも、前作以上に大ヒットし、いまだにコンスタントに売れつづけているモンスター・アルバムでもある。

このアルバムにも、(クレジット上は彼らのオリジナルとなっているが)ブルースのスタンダードと言ってもよい2曲が収録されている。「ザ・レモン・ソング」と「ブリング・イット・オン・ホーム」である(推薦盤のページ参照)。

ともに、オリジナルの歌詞を加えたり、テンポ・チェンジをしたりで、原曲とは一味違った仕上がりになっているが、根幹の部分はシカゴ・ブルースそのものである。前者については、作曲者のハウリン・ウルフことチェスター・バーネットより盗作のかどで訴えられたものの、非公式に解決している。製造年度によっては、アルバムジャケットに「キリング・フロア」と記されているのがあるのも、そのためである。

さらには、アメリカでシングル・ヒットともなった「胸いっぱいの愛を」では、歌詞をウィリー・ディクスンの「ユー・ニード・ラブ」からまるごとパクっている。これも、近年のマキシ・シングルではメンバーの名とともにディクスンの名を併記することでトラブルを解決している。

黒人ブルースのやや単調な曲構成やリズムを、彼ら流の複雑で技巧的なものに置き換えながらも、ブルース本来の野趣を失わない(いいかえれば泥臭い)演奏・歌唱をしたことが、アメリカ人に大いにアピールしたといえそうだ。その意味では、ロバート・プラントはまさしくエルヴィス・プレスリーの正継なのである。

●CREAM「FRESH CREAM」(Polygram)

クリームは66年から68年にかけて活躍したグループだから、もうオールディーズみたいなものだが、そのサウンドは依然として新鮮さを失っていない。まさにこのアルバム・タイトルのように。

クリームの凄いところは上げていったらキリがないが、ブルースを型にはめず、さまざまなアレンジを加えて、革新的なポップ・ミュージックに仕上げていったところが意外に言及されていないように思う。

その到達点がアルバム「クリームの素晴らしき世界(Wheels Of Fire)」であろうが、その萌芽はすでにデビュー・アルバムである本作に見ることができる。全11曲中、5曲がスタンダード・ブルースというコテコテ状態なのだが、聴いてみるとさほどでもない。ライブとは違った、ヴァラエティ豊かな編曲の賜物であろう。

クリームの代表曲といえば、なんといっても「スプーンフル」である。ライブでも名演を残しているが、コンパクトなスタジオ録音版でも、ジャック・ブルースの熱唱とクラプトンの粘っこいソロが聴ける。

「猫とリス」は、知る人ぞ知るマルチ・ミュージシャン、ドクター・ロスのカバー。ブルースは得意のハープをご披露。

「フォー・アンティル・レイト」はかのロバート・ジョンスンの作品。シビアな歌詞の割りに妙に陽気なカントリー調の曲。あまりにも有名な「クリームの素晴らしき世界」収録の「クロスロード」とはガラッと趣きを異にして、リラックスした感じの演奏である。

「ローリン・アンド・タンブリン」はマディ・ウォーターズの代表曲。ベースレスでブルースがハープを吹きまくる、きわめつけの熱演。「ライブ・クリーム」にも収録されている。

「アイム・ソー・グラッド」はスキップ・ジェイムズの作品。ジンジャー・ベイカーを加えた三声コーラスが聴ける、珍しい曲。デビュー・シングル「包装紙」もそうだが、クリームは米国市場を相当意識しているようで、コーラスやピアノの使い方に英国のグループらしからぬアメリカンっぽさがぷんぷんと漂っている。

この66年発表の1枚が、ブルース・ブームの後押しにきわめて大きな役割を果たしたのはいうまでもない。

●DEREK & DOMINOS「LAYLA & OTHER ASSORETED LOVE SONGS」(Polygram)

デレク&ドミノス。1970年にエリック・クラプトンが結成した4人組グループ。このファースト・アルバムではゲストに"スカイ・ドッグ"デュアン・オールマンを加え、緊迫感あふれる演奏、そして、リラックスしたクラプトンのヴォーカルを聴くことが出来る。

この邦題「いとしのレイラ」なるアルバムでも、数曲のスタンダード・ブルースが取り上げられている。まずはJ・コックス作曲の「だれも知らない」。夭折の天才R&B歌手、サム・クックのヴァージョンで知られているこの曲を、クラプトンはよりブルージーにアレンジして歌っている。

次には、「ハイウェイへの関門」。これは多作で有名なビッグ・ビル・ブルーンジーの作品だが、マディ・ウォーターズも「ロンドン・セッション」で自分の曲ということにして歌っている。著作権に関していい加減なのはZEPだけではないということか。フェード・インで始まる演奏は、延々とエンドレスな乗りで続く。デュアンの空間を切り裂くようなスライド・プレイが光る名演。

もう1曲はB・マイルズ作の「愛の経験」。これはクラプトンの敬愛するフレディ・キングの超熱演ヴァージョンが有名だが、クラプトンも思い切りディープに歌い込んでいる。

もちろん、オリジナル曲も、形式こそオーソドックスなブルースではないが、ブルース・スピリットに満ちあふれている。ロック・スタンダードとして永久に残る1枚と言えそうである。

●HUMBLE PIE「SMOKIN'」(A&M)

オリジナル・メンバーのピーター・フランプトンが脱退し、かわりに元コロシアムのギタリスト、デイヴ・"クレム"・クレムソンが加入したパイ中期のアルバム。ピーターがいた頃はどこか木に竹をついだ感じで中途半端にジャズっぽかったサウンドも、完全にブルース一色に塗り直されている。気合いの入った一作。

いわゆるスタンダード・ブルースに当てはまるのは「オールド・タイム・フィーリン」(トラッド)と「アイ・ワンダー」(ギャント/レビーン)くらいだが、白人ロックンローラー、エディ・コクランの名曲「カモン・エブリバディ」もここではまっ黒け状態。絡み合うツイン・リードのソロがカッコいい。数あるカバー・ヴァージョンの中でもベストの出来栄えである。

その他のオリジナル、たとえば「ホット・ン・ナスティ」「穴ぐらの30日間」なども首まで泥水につかったかのようなディープさ。スティーブ・マリオットのソウルフルな歌いっぷりは、一度聴いたら忘れられない。「アイ・ワンダー」の熱唱には、思わず鳥肌がたってしまう。その早すぎる死が惜しまれる人だ。

ハンブル・パイは、その強烈なブラックミュージック・マニアのイメージが災いして、セールス的には今ひとつだったが、 今聴いてもまったく古臭いという感じはない。最近の形骸化したHM/HRよりよっぽど中身がつまってまっせ。

●THE YARDBIRDS「ROGER THE ENGINEER」(Epic)

ジェフ・ベック在籍時、すなわち第三期のヤードバーズのオリジナル・アルバムである。これでようやく、三大ギタリスト揃い踏みってことですな。

1966年発表時には12曲収録、後にリイッシューされた盤ではジミー・ペイジ加入後の「サイコ・デイジーズ」「幻の十年」も加わって14曲となったこのアルバムでは、インストの「ジェフズ・ブギー」をはじめとする多くの曲で、ベックのトリッキーでトンガったプレイを聴くことが出来る。

すなわち「サイケデリック・サウンド」の誕生である。知っている人しか知らない話だが、東芝音楽工業から初めてリリースされたときには「サイケデリックのエース」なんてトンでもなタイトルがついてたんだぜ(笑)。

それはともかく、このアルバムにも、ヤードバーズに多大の影響を与えたスタンダード・ブルースが2曲おさめられている。クレジットこそメンバーの名になっているものの、「ナッズ・アー・ブルー」はまさしくエルモア・ジェイムズ(さらに言えばロバート・ジョンスンだが)の畢生の名曲、「ダスト・マイ・ブルーム(ス)」そのものである。ちなみに、この曲では珍しくベックがリード・ヴォーカルをとっており、また、この「ナッズ(究極という意味)」というタイトルから、トッド・ラングレンがデビュー時のグループ名をつけたという小ネタもある。

もう1曲、「ラック・マイ・マインド」もメンバー名義になっているものの、実はスリム・ハーポことジェイムズ・ムーアの「ベイビー、スクラッチ・マイ・バック」の歌詞だけをかえたものである。以上の2曲はともに、「BBCセッションズ」というアルバムでは、原曲のタイトルと歌詞で収録しているので、そちらも聴いてみて欲しい。

発表当時、クリームと並んでもっとも先進的なサウンドを追求していたヤードバーズ、というかジェフ・ベックだが、やはりブルースから得たインスピレーションには多大のものがあったことが伺える1枚である。

HOME